持ち家

賃貸という住まいの選択肢があるのならば、その正反対でもある持ち家という選択肢もあります。
持ち家はその言葉の通り、物件を購入してしまって自分のものにします。

賃貸に比べると初期投資が大きくなってしまうのですが、それ以降は修繕積み立てなどをしっかりと行っていけば、賃貸に比べて少ない金額で生活していくことができるでしょう。

資産に応じた選択肢が用意されていて、新築を購入するのが無理だというのならば、中古物件を購入してリフォームで自分好みにするという手段も残されています。 また、住宅ローンなどもありますので、必ずしも全額を捻出しなければならないというわけではなく、大体の場合は住宅ローンを使っての購入となるでしょう。

そのような場合には金利なども関係してくる部分なので、事前知識としてしっかりと把握しておきたいものです。
また、住まいを購入することのメリットとしては、財産として子供に残してあげることができるというメリットもありますし、その他にも一家の主になったという自覚が芽生える可能性もあるでしょう。

このように賃貸にはないメリットもたくさんあるのが、物件を購入することの特徴なので、賃貸か購入するのかはかなり迷う部分でもあります。
さらに一戸建てかマンションかでも悩む部分で、どちらにもメリットやデメリットがあるので、そう簡単には決めることができません。

一生に一度の買い物かもしれませんので、気の済むまで悩んではいかがでしょう。