住まいで投資

住まいの選択肢には応用方法もあって、物件を購入してさらに投資物件としても利用するという方法もあります。
マンションを購入して、自分が住む一室を確保しつつ、その他の部屋でマンション投資をするのもよいでしょう。

最近はアパート投資もトレンドといえますので、アパート投資をして、もし入居者が入らなかった場合には自分が住むという手段もあるでしょう。 さらに土地が余っているような場合は、余った土地で駐車場経営をしてみたりと、色々な選択肢がありますので、それらを知らないのはもったいないです。

土地の活用方法によっては、税金対策などをすることも可能なので、色々とこれらについて勉強してみてはいかがでしょうか。
さらに、一戸建てや分譲マンションを購入した場合には、突然の転勤になって物件を手放さなければならない可能性もあります。

これまでは買い手を見つけて売却してしまうような選択肢があったのですが、最近は新たな選択肢としてリロケーションという方法があって、こちらは期限付きで自分の住まいを貸すという方法なのです。
このため、長期出張や転勤終わりには自分の住まいに戻ってくることができ、これは人によってはかなりメリットに感じる部分でしょう。

このように、ただマンションを借りたり、一戸建てを購入するというだけではなく、購入した後に投資と連動させるような方法もありますので、色々と複合的に考えて広い視野を持ちながら吟味してみるとよいです。